読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根性駆動開発

備忘録とか日記とか

ニフティインターン秋の発表会に行ってきた

概要

ニフティが主催する夏のインターン参加者限定のイベントに行ってきた。

内容は夏に作ったものをブラッシュアップしたり新しいものを作ったりして発表しあう!というもの。

今回は夏に3人で作ったのを1人都合があわずに離脱して2人で開発した。

ただ、あんまり自分で写真を取らなかったし、社員の方々が撮影した写真はいろんな人が移っててまずそうだからここでは殆ど文章だけで紹介するので悪しからず。

つくったもの

KoRecRayというデバイスと、それに付随するアプリケーションを作成した。

イデア自体は夏のインターンシップの時に出されたもので、途中まではインターンの間に作ったあった。

それの間に合わなかった部分や有り合わせで作ったデバイスをちゃんとした材料をあつめて作った。

例によって僕はソフトウェアとかサーバとかだけやってThingsの方は全然関わってないけど、そっちを担当したメンバーが本当にすごくて、ほぼ彼のおかげでうまいこといったと思う。

どういうデバイスを作ったかが何故か全然過去の記事でも語られてなかったので書いておくと、手で「これくらい」ってやった時のジェスチャーで長さを測れる指にはめられるデバイス作成がひとつ。そして長さのデータをandroidアプリで表示してデータベース保存と取得、通販のAPIを利用して大きさに合うものをサジェストしたりするアプリの二段構成でつくった。

下は相方がつくった外観。CADだと思う。すごい。それと作成中の写真、本体を手に乗っけた写真。超絶テクノロジーという感じ。

f:id:syathi:20161026020828p:plain

f:id:syathi:20161026020846j:plain

f:id:syathi:20161026020854j:plain

下は僕が担当したアプリの画面。機能は頑張った。画面は色んな人に助けてもらった。

過去に測定した物リスト。起動時にDBアクセスしてリスト表示。

f:id:syathi:20161026020945p:plain

測定画面。値はダミーの決めうち。保存ボタンを押すと測った物に名前をつけてDBに保存される。

f:id:syathi:20161026020950p:plain

APIを利用した検索結果。机 60みたいなワードで楽天とyahooで検索してる。

f:id:syathi:20161026020954p:plain

...まあアプリからして制作が間に合ってないのは分かると思う。一応検索してサジェストされた商品リストをタップすればブラウザが起動するようにはしてある。

つらかったこと

今回の開発は個人的に結構つらくて、最高に逃げ出したかったし何度も本番をばっくれようと思うレベルだった。

つらかったことはいくつかあるけど一番はスケジュールがギリギリで相当頑張らないとアプリが間に合わない状況だったこと。ぶっちゃけこれは甘く見てた自分が悪い。

僕個人androidアプリは作った事がなかったし、長いこと動的型付き言語ばかり触ってたのでJavaでやるって時点でなかなかしんどかった。

しかも途中まで相方が作ったのを引き継ぐ形になっていて、androidの画面がどういう設計で作られてるとかロジックがどうとか想像もついてなかったから、いちいちググってコピペして意味分からんエラーと格闘して、terateilに聞いて...の繰り返しだった。

わからないことが多いまま突貫で開発するのは本当につらいと思ったし、他のハッカソンとかインターンでこれ初めて使って作りましたみたいな事を行ってる人たち本当にすごいなと思った。寧ろ頭おかしいんじゃないかなとか思った。

あとこれもかなりつらかったのが、本番二日前の夕方に僕が操作してるリポジトリが古い方で、そっちだと予めつくってあったblue-toothのデータを受け取る機能が使えないことが発覚したこと。

この時点でもまだandroid全然わかってないのでそこまでで実装した部分を移行したりするので結局徹夜することになったし本当にばっくれようと思った。

f:id:syathi:20161024024537p:plain

それでなんとか移行して、足りてない部分修正して、仕様を満たせた!と思ったら前日の夜中に幅高さ奥行き測れるようにしてあるよね?と言われて、幅の測定しか実装してなかったのでこれはもう無理でしょってなりながら修正した。なんとかなった。

でも発表の準備が全然間に合ってなくて本番のプレゼンはデモは止まるし僕の思考も止まるしガタガタだった。相方に申し訳ない。

結果

ここまで言っておいて正直僕も本当にダメだと思ったけど辛くも技術賞を取ることが出来た。

相方が本当にすごい。すごすぎ。

対して僕へっぽこすぎ。反省。

賞品はミニドローンとのこと。2人分来るのかな...

まとめ

超絶突貫で死にそうになりながら足を引っ張りまくりながらもどうにかなって本当によかった。

あとandroid本当につらかった。今度やるときはもう少しチュートリアルとか段階を踏んでやりたい。それかxamarinとかreact-nativeとかそういうのでやりたいかも。そうすればクロスプラットフォーム出来るし。

そして相方に感謝感激雨霰。迷惑かけまくったしいつか愛想つかされそうだなとか思いながら開発してた。もっとがんばろう。

という感じで終わりよければ全て良しで、ただただ辛い思い出にならなくて本当によかった。今回も色んな刺激を受けられていい経験になって最高だった。